スーツの男性

覚えておくべき人材派遣ワークの常識!雇用と起業に関する話

人材派遣業者に登録するには

脚を組む男性

人材派遣業には、登録型派遣と常用型派遣以外にも、紹介予定派遣と新卒派遣が存在します。とはいえ、紹介予定派遣と新卒派遣は人材派遣業の中でも、人材派遣の割合を占めしません。紹介予定派遣は、派遣先に直接雇用されることを前提としているので、長くて6ヶ月で基本は3ヶ月の人材派遣を行います。
そのため、紹介予定派遣は試用期間を派遣社員として勤務する人材紹介となります。そして、派遣期間が終了して直接雇用に切り替える際は、企業と人材の双方の合意が必要となります。
よって、紹介予定派遣は仕事内容や職場の雰囲気だけでなく、実際に勤務することで人材の能力や人柄を見極めて判断できます。
ちなみに、紹介予定派遣を行うためには、人材派遣と人材紹介の両方の免許を持つ事業者であることが絶対条件となっています。
そして、新卒派遣は派遣される社員が新卒である人材サービスとなります。
なので、派遣会社で研修を行って企業に派遣する形になるので、派遣先の企業で新人研修する手間がなくなります。
さらに、新卒派遣は紹介予定派遣の形をとるケースも多い上に、相互理解を図った上で採用する形になります。その影響により、新卒派遣は早期退職の原因となるミスマッチの防止に効果をもたらします。
人材派遣業において紹介予定派遣と新卒派遣は、勤務に慣れていなくても働ける形の人材サービスとなっています。

ニュース一覧